運気が良い = 幸せ なのか

さて、よく占いで言われる「運気が良い = 幸せ」ですが、はたして本当でしょうか。
ずばり言いますが、大間違いです。
私がやっている四柱推命では、運気を読むために漢字8文字からなる時日月年の順に並べた命式というものを出します。
そこから五行(木火土金水)の状態や力具合などを看ていくのですが、”良い命式=五行(木火土金水)のバランスがとれている”としています。
しかし実は、”バランスがとれている=平坦で良くも悪くもない” という事で、苦労もないが満足もないという事です。
実際、偉人と言われる人や有名人・人気の芸能人など、ほぼ命式が良くありません。
つまり犠牲にしている部分があっての名声だという事です。
では何故苦労してまでも頑張るのかですが、それは「心の満足」を得るためです。
占いでよく ”運気が良い=満足・幸せ” のように言いますが、大きな間違いです。
また占いでは「いつどんな事」は出るものの、「どこの誰や何を選ぶか」は出ません。
実はこの「どこの誰や何を選ぶか」が縁であり、=「心の満足」の部分なのです。
ですから自身がいかに動くかが大きなカギとなりますし、満足のいく結果かどうかは自身が決める事であり、占いでは「分からない」というのが本当です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする