どの方角・方位がいいのでしょうNo.4

さて方位の活用ですが、実生活ではどうすればいいのでしょう。
前回北と東が強いと書きましたが、それをそのまま取り入れていきます。
例えば商売での取引において、交渉は相手の北側から行えば有利になります。
会議室などでは上座が決まっているため、なかなか難しいかもしれませんが、できるのなら席を北に取るようにします。
社外ならやりやすいのではないでしょうか。
身近なものでは、恋愛で明日の約束をする場合などです。
相手の北に立ち話したり、南を向いて電話をすればいいです。

他には次のような活用法があります。
○東は情報ですから、東を向いて勉強すれば頭に入りやすくなります。
○西は安息ですから、落ち着いて眠れます。
○南は元気を得られますから、弱った時にはいいです。

ぜひ生かしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする