どの方角・方位がいいのでしょうNo.3

前回それぞの方位には意味があると申し上げましたが、下の六親表をご覧ください。
東北の位置が父親・東南の位置は母親となっています。
そうです。
それぞれに書いている意味が、そのまま方位の意味になる訳です。
ここで気付かれた方もおいでかもしれませんが、これは家相・地相の意味でもあります。

すなわち、六親表自体が家や敷地と置き換えられます。
北・東は絶対的に強いのですが、家や敷地は守る場所です。
つまり一番やられやすく、守るべき位置は東北となるのです。
これが「鬼門」と言われる由縁です。
もし「鬼門」に何かがあると、父親に影響が出ると考えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする