相性ってどう見るの?

四柱推命には六親(りくしん)というのがあります。
自分を中心に、親・兄弟・子供などの位置と関係を表すものです。
命式は四柱八文字ですが、それぞれの並ぶ位置には意味があります。
年柱の上つまり年干は父親、年柱の下つまり年支は母親となります。
他は次の通りになります。

月干–仕事・対人運・兄弟
月支–性格の中心
日干–自分自身
日支–恋人・配偶者
時干–健康・子供・心理の環境
時支–健康・子供・心理

それぞれを考える場合、干支そのものでは判断しません。
質は通変星で考えます。
干支は、五行(木火土金水)の力具合と喜忌(良い悪い)の状態をみる時に使います。
その際、剋・合・冲という和合・反発の作用をみていきます。

相性をみる場合、日本では日干や日支の合・五行(木火土金水)で判断しています。
実はそれでは正当な判断ができません。
月支から出す通変星どうしで考えるのが正当です。
また相性では、先ほど書いた剋・合・冲が重要な意味を持ちます。
月干–日干・月支–日支にそれがある場合、離婚・離別の可能性が出るからです。
お相手にもある場合は、”注意”となります。
もちろん、喜忌(良い悪い)や大運・歳運が関係します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする